logo

災害 時 における 石綿 飛散 防止 に 係る 取扱い マニュアル

環境省「災害時における石綿飛散防止に係る取扱いマニュアル(改訂版)」 h29. See full list on city. 本マニュアルは、環境省「災害時における石綿飛散防止に係る取扱いマニ ュアル(改訂版)」(平成29年9月)を参考に、災害時の石綿飛散防止を図る ため、名古屋市、工事の発注者・受注者、建築物等の所有者・管理者または. 1%)に伴い、市町村に適正対応を周知 (平成18年12月14日) (4)建築物の吹付けアスベスト等の使用実態調査の実施(平成17年8月~) ○一般県民の利用の多い施設を中心に、使用実態調査を実施 【県有建築物、学校・病院・社会福祉施設等、一般県民の利用の多い建築物】 ※県有建築物についてアスベスト含有吹付材の使用実態調査を実施 (平成23年12月~平成24年8月) (5)民間施設におけるアスベスト除去等の指導 建築物の吹付けアスベスト等使用実態調査の結果を踏まえ、吹付けアスベスト等が使用されている民間施設 の所有者等に対し、文書によりアスベスト除去等の改善対策を講じるよう働きかけを実施 (6)民間建築物吹き付けアスベスト等分析調査事業(平成21年度~平成32年度末) 民間建築物におけるアスベスト除去等の対策を促進するため、アスベスト分析調査を行う事業者に対し、 国が100%補助することとなるため、県の補助制度を廃止し、市町村が事業主体となって補助を活用 できるよう、補助事業創設の働きかけを行う。 ※市町村担当者説明会を実施:平成20年11月14日・平成21年1月16日 〔市町村. 災害時における石綿飛散防止に係る取扱いマニュアル(環境省) <外部リンク> 建築物等の解体等工事における石綿飛散防止対策に係るリスクコミュニケーションガイドライン(環境省) <外部リンク>. 成した「災害時における石綿飛散防止に係る取扱いマニュアル」(平成29 年9月)を参考に、川崎市の災害時における石綿飛散・ばく露防止を図る ことを目的として、平常時の準備を含めた、災害時における対応の役割分. 奈良県アスベスト問題対策会議の設置(平成17年8月1日) 構成メンバー:29名(平成31年4月) 議長:景観・環境局長、副議長:福祉医療部長 委員:景観・環境局次長、消防救急課長、管財課長、地域振興部企画管理室長、 市町村振興課長、 文化振興課長、教育振興課長、福祉医療部企画管理室長、医療政策局地域医療連携課長、 病院マネジメント課長、疾病対策課長、くらし創造部企画管理室長、消費・生活安全課長、 環境政策課長、廃棄物対策課長、産業・雇用振興部企画管理室長、雇用政策課長、農林部企画管理室長、 県土マネジメント部企画管理室長、技術管理課長、 住まいまちづくり課長、建築安全推進課長、 県有施設営繕課長、水道局総務課長、教育委員会事務局企画管理室長、学校支援課長、 警察本部会計課長 (オブザーバー:奈良労働局労働基準部、奈良市保健所保健・環境検査課) 開催日:第1回-平成17年8月1日、第2回-平成17年9月7日、第3回-平成17年11月18日、 第4回-平成18年2月17日、第5回-平成18年6月9日、第6回-平成19年2月14日、 第7回-平成20年2月19日、第8回-平成21年2月16日、第9回-平成22年2月16日、 第10回-平成24年3月21日.

6(外部サイト) 災害時における石綿飛散防止に係る取扱いマニュアル(平成29年9月) (外部サイト) 厚生労働省ホームページ 石綿障害予防規則の制定について(外部サイト). (県単独) ●健康被害、環境保全、財政措置等について要望 (1)アスベスト(石綿)対策に関する緊急要望(平成17年10月20日) 災害 時 における 石綿 飛散 防止 に 係る 取扱い マニュアル (2)平成18年政府予算編成に関する提案・要望(平成17年11月17・18日) (3)平成19年政府予算編成に関する提案・要望(平成18年7月5・6日) (4)平成19年政府予算編成に関する提案・要望(平成18年11月21・22日) (5)平成20年政府予算編成に関する提案・要望(平成19年7月) (6)平成20年政府予算編成に関する提案・要望(平成19年11月) (7)平成21年政府予算編成に関する提案・要望(平成20年7月) (8)平成21年政府予算編成に関する提案・要望(平成20年11月) (9)平成22年政府予算編成に関する提案・要望(平成21年7月) (10) 平成22年政府予算編成に関する提案・要望(平成21年11月) (11) 平成23年政府予算編成に関する提案・要望(平成22年7月) (12) 平成23年政府予算編成に関する提案・要望(平成22年11月) (13) 平成24年政府予算編成に関する提案・要望(平成23年6月) (14) 平成24年政府予算編成に関する提案・要望(平成23年11月) (15) 平成25年政府予算編成に関する提案・要望(平成24年7月) (16) 平成25年政府予算編成に関する提案・要望(平成24年11月) (17) 平成26年政府予算編成に関する提案・要望(平成25年7月) (18) 平成26年政府予算編成に関する提案・要望(平成25年11月) (19) 平成27年政府予算編成に関する提案・要望(平成26年7月) (20) 災害 時 における 石綿 飛散 防止 に 係る 取扱い マニュアル 平成27年政府予算編成に関する提案・要望(平成26年11月) (21) 平成28年政府予算編成に関する提案・要望(平成27年7月) (22) 平成28年政府予算編成に関する提案・要望(平成27年11月) (23) 平成29年政府予算編成に関する提案・要望(平成28年8月) (24) 平成29年政府予算編成に関する提案・要望(平成28年11月) (25) 平成30年政府予算編成に関する提案・要望(平成29年8月) (26) 平成30年政府予算編成に関する提案・要望(平成29年11月) (27) 災害 時 における 石綿 飛散 防止 に 係る 取扱い マニュアル 平成31年政府予算編成に関する提案・要望(平成30年7月) (28) 平成31. 環境省は、「災害時における石綿飛散防止に係る取扱いマニュアル(改訂版)」を公表した。同マニュアルは、平成19年8月に策定した「災害時における石綿飛散防止に係る取扱いマニュアル」について、その後東日本大震災や平成28年熊本地震が発生したことから、その経験を踏まえ、改訂した. . 本市では平成17年度から年2回(春秋)、市内3地点で環境大気中の石綿濃度調査を行っています。今年度調査の結果、地点によって多少のばらつきはあるものの、すべての地点において総繊維数濃度(注1)が1リットルあたり1本未満でした。この結果は世界保健機関(WHO)の環境保健クライテリア(注2)と比べて十分低い濃度でした。 注1:石綿のほか、大気中に浮遊する綿ぼこり等も含めたすべての繊維状物質。 注2:石綿についての環境基準は定められていませんが、世界保健機関(WHO)の環境保健クライテリアにおいて、都市における大気中の石綿濃度は、一般的に1リットルあたり1~10本程度であり、このレベルであれば健康リスクは検出できないほど低いとされています。 1. 表紙・はじめに・目次 pdf 792kb 第1章 総則 pdf 災害 時 における 石綿 飛散 防止 に 係る 取扱い マニュアル 834kb 第2章 平常時における準備 pdf 1,696kb 第3章 災害発生時の応急. あるため、環境省では「災害時における石綿飛散防止に係る取扱いマニュア ル」(災害時対応マニュアル)を作成し、自治体に通知。 災害時に備えた事前準備の必要性及び具体的内容を自治体に周知徹底すること。.

2.「災害時における石綿飛散防止に係る取扱いマニュアル」の対象 3.緊急時石綿飛散防止対策の基本的考え方 4.災害時における石綿の飛散及び その防止に係る工程と実施・責任体制 第2章 平常時における準備 1.応急措置体制の整備. (1)住宅・建築物相談窓口の設置及び継続実施(住まいまちづくり課、建築安全推進課)(2) 住宅等のアスベストに関する消費者からの相談に対応 (県消費生活センター、なら・すまいアップセンター) (3)建築物の解体・改修における適正処理の徹底 ○建設関係事業者等に対し、建築物の解体等に伴うアスベストの飛散防止に万全の対策を講じるよう文書で要請 (平成17年8月11日) ○労働安全衛生法施行令等に規定のある石綿の定義改定(1%→0. 「災害時における石綿飛散防止に係る取扱いマニュアル」の改訂について、環境省から通知がありました。 このマニュアルは、災害時において、石綿含有建築材料を使用した建築物等の倒壊または損壊に伴う石綿の露出や、被災建築物等の解体、補修または廃棄物処理に伴う石綿の飛散が懸念されることから、平成19年8月に作成されたものですが、その後発生した東日本大震災や熊本地震において、当初想定されなかった状況が生じたこと等から、このたび改訂されたものです。 災害時の石綿飛散防止のため、このマニュアルを参考に、適切に対応してくださいますようお願いいたします。 1. 出典:災害時における石綿飛散防止に係る取扱いマニュアル(改訂版) 平成29年9月 環境省 -50- 参考資料2 注意解体のための協議資料の例. 材)についても、飛散防止の観点から応急対応の対象とする。 第3章 災害発生時の応急対応 出典:災害時における石綿飛散防止に係る取扱いマニュアル(改訂版) 平成 29 年 9 月 環境省-9-.

. 石綿含有仕上塗材について、除去等の工法によっては石綿が飛散する可能性があるため、工法に応じた適切な石綿の飛散防止措置を講じる必要があります。 これまで石綿含有仕上塗材については、大気汚染防止法上の明確な取扱いが定まっておりませんでしたが、このたび環境省からその取扱いが明確に示されました。このため、今後の本市での取扱いについてもそれに沿ったものとしますので、今後は以下のとおり対応してくださいますようお願いいたします。. 「災害時における石綿飛散防止に係る取扱いマニュアル」について(pdf:32kb) 参考資料「パンフレット」(pdf:1,607kb) 平成24年5月10日 「廃棄物処理法に基づく感染性廃棄物処理マニュアル」の改訂について(pdf:207kb). また、環境省では、災害時において石綿の飛散防止を図ることを目的として、「災害時における石綿飛散防止に係る取扱いマニュアル」とその「パンフレット」を作成しています。 災害発生時の石綿飛散防止対策の例として、以下のものがあげられています。. 参考資料1 災害時における石綿飛散防止に係る取扱いマニュアル(概要版)pdfファイル/382kb 参考資料2 建築物等の解体等工事における石綿飛散防止対策に係るリスクコミュニケーションガイドラインpdfファイル/665kb 平成28年12月14日開催分. 表紙・目次 pdf 21kb 序章 pdf 27kb 第1章 総則 pdf 39kb 第2章 平常時における準備 pdf 44kb 第3章 災害発生時の応急措置 pdf 26kb 第4章 調査・計画・届出 pdf 1,073kb 第5. 本マニュアルは、災害時における石綿飛散防止対策に関して環境省が作 成した「災害時における石綿飛散防止に係る取扱いマニュアル」(平成29 年9月)を参考に、川崎市の災害時における石綿飛散・ばく露防止を図る 災害時における石綿飛散防止に係る取扱いマニュアル(平成19年8月) 全体版 pdf 2,543kb 分割版.

本マニュアルは、環境省「災害時における石綿飛散防止に係る取扱いマニュアル(改 訂版)」(平成29年9月)を参考に、災害時の石綿飛散防止を図るため、名古屋市、工事 の発注者・受注者、建築物等の所有者・管理者または廃棄物処理業者などが実施すべき. (1) アスベスト問題に関する環境相談を実施(環境政策課、景観・環境総合センター) (2) アスベスト廃棄物について処理業者及び排出業者に適正処理を文書で要請 (平成17年7月29日) (3)アスベスト廃棄物排出事業者及び処理業者への立入調査、監視・指導の実施 ○アスベスト廃棄物を取扱可能な処理業者等に対し、重点的に立入検査・指導を実施。 延べ412箇所(平成17年8月~10月)) ○産業廃棄物監視・指導パトロール時に、アスベスト廃棄物の適正処理推進のための監視・指導を継続実施。 (4) アスベスト飛散防止措置の拡充・強化を図るための大気汚染防止法等の一部改正に関して文書による周知 (平成18年9月29日) 関係45団体、関係課、市町村 (5) アスベスト飛散防止のためのマニュアルの改訂(いずれも環境省) ○環境大気中のアスベスト濃度測定の技術指針「アスベストモニタリングマニュアル」の改訂(平成19年5月) ○「建築物の解体等に係る石綿飛散防止対策マニュアル」(平成19年6月) ※平成18年度大気汚染防止法等の改正を反映させている ○「災害時における石綿飛散防止に係る取扱いマニュアル」(平成19年8月) ○「アスベストモニタリングマニュアル」の改訂(平成22年6月) ○「建築物の解体等に係る石綿飛散防止マニュアル」の改訂(平成24年3月) ○「建築物の解体等に係る石綿飛散防止対策マニュアル」の改訂(平成26年3月) 災害 時 における 石綿 飛散 防止 に 係る 取扱い マニュアル ○「建築物の解体等に係る石綿飛散防止対策マニュアル」の改訂(平成26年6月) ○「建築物等の解体等工事における石綿飛散防止対策に係るリスクコミュニケーションガイドライン」 (平成29年4月) ○「アスベストモニタリングマニュアル」の改訂(平成29年7月) (6)大気汚染防止法による「特定粉じん排出等作業実施届出」に基づくアスベスト排出作業現場への立入調査及び アスベスト飛散濃度調査の実施 ○吹付面積が大きい等のアスベスト排出作業場で、県独自にアスベスト飛散濃度を除去作業前・中・後に測定。 測定した結果、特に高い濃度ではなく、周辺への汚染は生じていない。(平成28年度:2件、 平成29年度:3件、平成30年度:7件) ○大気汚染防止法に基づくアスベスト排出等作業実施届出のあった事業所に対し、立入等の調査を実施 (平成28年度:届出26件、立入. 【参 19】災害時における石綿飛散防止に係る取扱いマニュアル(改定版)(準備中) 【参 20】災害時における廃家電製品の取扱いについて(準備中) 【参 21】市町村向け災害廃棄物処理行政事務の手引き(準備中). 災害時における石綿飛散防止に係る取扱いマニュアル(環境省ホームページ)(外部サイトへリンク) 家庭のアスベスト; 学校施設のアスベスト(静岡県教育委員会ホームページ) 病院・社会福祉施設のアスベスト(静岡県健康福祉部疾病対策課ホームページ).